clover GEAR
修理の紹介−輸入車メンテナンスー

2018.10

スタビライザーリンク交換 <メルセデス・ベンツ C180クーペ>

  • 異音
スタビライザーリンク交換 <メルセデス・ベンツ C180クーペ>

今回は、メルセデス・ベンツC180クーペです。作業内容は『スタビライザーリンク交換』です。

今回のようなスタビライザーリンクの切れは、どの車にも起こりえることです。

劣化、または切れに気が付くタイミングとしては、12カ月点検や車検時の24ヶ月点検などの点検時が多いようですが、中には足回りから「ガタガタ」「ゴトゴト」と気になる音がすることで異変に気が付くこともあります。

今回の修理も、点検時にスタビリンクブーツが切れていたため交換をしました。

今回修理するのは、フロントの左側です。
スタビライザーリンクはスタビライザーとサスペンションをつなぐための部品です。

スタビライザーリンク交換 <メルセデス・ベンツ C180クーペ>

写真の矢印の部分のブーツが切れてしまい、破れた部分から中のグリスが漏れ出してしまっています。。

スタビライザーリンク交換 <メルセデス・ベンツ C180クーペ>

上の写真は今回交換して切れてしまったブーツと、新しいブーツの比較です。(上:新しいもの、下:古いもの)
写真だと色の違いくらいしか分かりませんが、矢印の部分にグリスが漏れ出していた亀裂が見られます。

スタビライザーリンク交換 <メルセデス・ベンツ C180クーペ>

交換が終わり、元通りに取り付けて完了です。

自動車部品には、ブーツのようにゴム製のもあり、2年に一度の24ヶ月点検だけで足りるとは言い切れません。
ゴムとは言っても、車にとって大切な役割を果たしている部品です。
明らかにいつもと違う音がする・・・。と思ったら、一度お近くの整備工場で診てもらってください(^ ^)
当店にご用命いただける場合は、お気軽にお問合せ下さい。